店長として様々な経験を積み、
店舗開発へ。

イメージ写真

店舗運営部
佐久間 慶明

空港のグランドハンドリング業務を約5 年経験した後、2014年4月、ダイバーシティ東京プラザ屋上・都会の農園バーベキューテラスでアルバイトを始める。そして、3ヶ月目から正社員に。

入社3ヶ月目で新店の店長にキャリアアップ。

前職がお客様と直接接しない裏方の仕事だったこともあり、接客の仕事を探し見つけたのが、お台場にあるダイバーシティ東京プラザのバーベキュー場の求人でした。面白そうな会社や仕事だと思い、まずはアルバイトとして働いてみることに。実際、大型の基幹店舗でとても忙しかったのですが、多くのお客様がバーベキューを楽しんでいるのを見てやりがいを感じましたし、活気に満ち溢れた中で働くことが面白くて仕方ありませんでした。ただ、そんな中でも心がけたのが、忙しいと雑になりがちな店舗管理をしっかりと行うこと。お客様からの見え方やスタッフの作業効率等を考え、様々な改善も行いました。前職での航空に関わる厳しい管理経験を活かすことができたと思っています。そして、すぐに新店の「BBQ CAFÉ デックス東京ビーチ店」の店長を正社員として任せてもらえるようになったのです。

イメージ写真

働きやすいのは、伸び伸び仕事ができるからです。

デジサーフの良い所は、年齢や経験に関係なく、頑張り次第でどんどん新しいチャンスを掴めること。私も「BBQ CAFÉ デックス東京ビーチ店」の店長を務めた後、冬の業態である「かき小屋」の店長や、他のバーベキュー場の立ち上げ店長等、複数の店舗で様々な経験を積むことができました。そして、自ら希望し、2015年12月に店舗運営部から店舗開発部に異動。店長の経験を活かし、新規出店が決まったバーベキュー場をオープンさせるまでの、各種申請業務やお客様担当者との調整、機材の搬入手配等を担いながら、上司に同行して店舗開発の営業の仕事も学んでいます。上司が自分の意見やアイデアも聞いてくれる環境の中で、店舗運営の負担が少しでも減るような開発業務に取り組んでいきたいと思っています。