何でも挑戦できるからこそ、
受身ではもったいない。

イメージ写真

メディア&マーケティング部
及川 浩子

アパレル業界で販売に十数年携わった後、派遣で事務に転身。都心の何社かで事務を経験したのち、2015年にデジサーフに営業事務として入社。

女性社員の比率が高く、働きやすい環境です。

年齢的にも腰を落ち着けて働きたいと思い、住まい(藤沢)の近くで正社員として働ける会社を探していた時に、知り合いから「事務を探している」と教えてもらったのがデジサーフでした。女性が数多く活躍している会社だとも聞き、デジサーフなら様々な仕事を任せてもらえそうだと思い、入社を決めました。なぜなら、言われた仕事をパソコン等でこなすだけの事務ではつまらないからです。実際、受身ではなく、自ら希望すれば何でも柔軟に挑戦させてもらえています。例えば、デジサーフが展開するバーベキュー場を利用してもらえそうな法人や団体にメールでアプローチし興味を持ってもらえたり、バーベキュー場の協賛企業の商品イベントを手伝って感謝されたりと、変化に富んだ毎日です。

イメージ写真

湘南までランニングできる余裕が生まれました。

職住接近で生活スタイルも大きく変わりました。それこそ、東京でアパレルの販売をしていた頃は、夜遅く家に帰って寝るだけという生活でしたが、今は通勤時間も短く、残業があっても2時間位のため、時間や気持ちに余裕があります。休日の土日に江ノ島まで走ったり、サイクリングしたりと運動もするようになり、人が多い東京で慌ただしく働き続けていた昔が嘘のように、健康的で充実した生活を送れています。デジサーフは変な派閥等もなく、仕事をしっかりしていれば誰からも干渉されないため、自立して働きたい方や子育て等のプライベートと仕事を両立させたいといった方にはまたとない環境です。