私たちの仕事Our work

波通
2012年入社
熊谷

事業内容について

創業事業でもある、WEBカメラによる波情報のライブ配信デジサーフの創業事業でもあるのが波通。社長の高橋が2000年、WEBカメラを海岸に設置して、波のライブ情報を波情報会社に販売したのが始まりです。その後、2010年にその一つの取引先から波情報サイト(i92surf)の事業譲渡を受け、デジサーフ自ら波情報サイトの運営も行うようになりました。私はその取引先の会社でサイト運営に関わっていたこともあり、事業譲渡に伴いデジサーフにそのまま転籍した形です。波通のビジネスモデルは世界でも珍しく、先行者としての圧倒的なアドバンテージがあります。特にライブ配信だけでなく、波の状況をテキストでも起こして更新するというサービスは、勤勉な日本人ならではの発想あってのものだと思っています。

イメージ写真

働き方について

イメージ写真

高画質配信や新たなサービスの展開等も視野に。波通の運営管理者として仕事は、日々の更新チェックや管理はもちろんのこと、全国に34カ所以上あるWEBカメラのメンテナンスから、設置先を増やしていくための調査・物件オーナーとの交渉・設置作業、サーフィン関連のイベント取材等、様々です。そのため、全国の海岸への出張もあります。さらに今後は高画質配信を進めていくと共に、ライブ配信の新たな試みにも挑戦していくつもりです。例えば、すでに店舗等にデジタルサイネージとして波情報を流すサービスを試験的に行っています。そのような中で、波通の組織は少数精鋭のため、自分で考え、自分で形にしていく働き方ができる環境です。

仕事の面白さについて

趣味のサーフィンを仕事にでき、新しい流行にも触れられます。私と同じように、サーフィンの好きな人であれば、仕事を楽しめることは言うまでもありません。サーフィン関連の様々な情報に精通でき、最近流行っているお洒落なサーフショップ等、新しいものを取材等で見に行けたりもするからです。私自身、波通事業には前の会社も含めると約13年関わっていますが、飽きることがなく愛着もあります。サーフィンを趣味としている芸能人やトップアスリートも多く、流行を生み出すことも可能なため、サーフィンに限らず新しいものが好きで、アグレッシブに何でも挑戦していける人にとっては最適な仕事だと思います。

イメージ写真