株式会社デジサーフ

社長メッセージMessage

代表取締役社長
高橋 佳伸

イメージ写真

【事業内容】アウトドアで楽しむレジャーにまつわる(※)Online to Offline(以下、O2O)総合サービスを提供し、エリア的に立地はよいのに集客できない場所を安く借りてITの力で集客し、売上を上げます。「余暇をもっと快適に」というスローガンのもと、ワクワクするような余暇をプロデュースしています。
たとえば、現在の主力事業である『デジキュー』。これは「BBQの楽しみを、もっと身近に、便利に、簡単に実現させたい」との想いをカタチにしたO2Oサービスです。
BBQは「屋外で自然をいっぱい感じながら、仲間と一緒に楽しめるレジャー」として人気を集める一方で「準備や片付けが大変」「場所がない」などの不便な点もありました。そこで『デジキュー』では、BBQのマイナス面を解消。ワンストップで会場予約や機材レンタル、食材調達をできるほか、決済も可能です。これにより“手ぶら”でBBQを楽しめるようになりました。
このほか、スノーボード、サーフィン、ジェットスキーなど、さまざまなスポーツイベントの情報を公開し、 その場で参加エントリーできる『デジエントリー』。全国の人気サーフポイントにライブカメラを設置し、リアルタイムで“波中継”する会員制サイト『波通』も提供しています。

【経営者として大切にしていること】レジャー、余暇という楽しいことを仕事にするなかで、「仕事は楽しい」と思えるようなビジネスをつくっていくことです。仕事が楽しければ、そこで働くことも当然、楽しいはず。当社ではそれが実現できます。
自らの経験を通じてしか、人の幸せを肌で感じることはできません。ですから社員には「どんどん遊びに行って、いろいろ見てこい」と伝えています。自分たちで余暇を楽しみ、そこで得た体験や楽しさを新しいサービスのヒントにする。このような仕事のスタイルは当社独自のものです。

【今後のビジョン】当社独自のO2Oのアプローチを駆使し、日本全国に『デジキュー』の進化版を展開。「地方創生」の起爆剤にしたい。いま構想しているのは、遊びとショッピングモールが融合した壮大な集客力を持つ施設です。これからもインターネットを通じて、人々をワクワクさせるような事業や夢を、次々と実現させていきたいと考えています。